トップ  >  3分あれば着物美人  >  二部式に見えない「やさしい着物」
 二部式の着物というのは、これまでにも、ずいぶん登場しています。でも、「やさしい着物」のように、自然に着つけたように見えるものはありませんでした。
 その秘密は、どこにあるのでしょうか。

 実は、日本の着物の優れた特徴の一つとされているのが「おはしょり(御端折)」です。機能的にも見た目のバランスの上でも大事な「おはしょり」が、言ってみれば普通の着物に見えるかどうかの要点の一つになっています。
 「やさしい着物」はここに着目して、「おはしょり」を生かした(残した)デザインを実現しました。
 もともとある長着の着物を元にして作ってありますから、構造はとてもシンプルで、反物から新しく作ることも、お手持ちの着物の仕立て直しもできるようになっています。
 言いかえれば、出来るだけ手を加えずに自然な着物姿を実現するために開発されたのが「やさしい着物」です。




「やさしい着物」の着方

 着方は、とても、簡単です。
 まず、着物の下の部分、いわゆる巻きスカートを着ます。右わきの紐で結ぶほか、ウエスト部分は面ファスナーで固定します。また、左わきの輪っかは、上の部分(いわゆるジャケット)とをつなぐための輪っかです。

 着物の上の部分(ジャケット)は、それぞれの好みや帯の幅を考慮して自分でおはしょりを折り返せるようになっています。折り返して面ファスナーで固定します。
 着用するときは、襦袢の襟に合わせて自然に重なるように羽織ります。
 内側に入る右襟(右前身ごろ)を左のわきの紐を、巻きスカートの輪っかをくぐらせて結びます。
 外側に重なる左襟(左前身ごろ)は右の裾で内側に折り返すだけです。
 細身の人の場合、この時にタオルなどを内側に入れたりすることもあります。帯を締めた時に窮屈な感じにならず、ある程度のふっくら感を出すことで安定感とかスッキリ感が出せます。
 左右の前身ごろとも、襦袢の襟と並行して収まり具合を考慮したり、着心地を考慮して引き締め具合を調整します。

 着物の着方は、以上です。
 襦袢がブラウス&ペチコートのような感覚で、着物はジャケット&巻きスカート、といった具合です。
 とても簡単に着られるだけでなく、着心地が楽々なことで全然疲れないし、長時間の着用でも着崩れしにくいなど、お客さまからご好評をいただいています。
 ※ 「マジックテープ」はクラレの商標で、同社の製品を示す時以外は使えない名称です。また、他社製品も流通していますので、一般に「面ファスナー」という呼称が使われます。

        初めて一人で着られました        
 並んでいるのは、「やさしい着物」に初めて出会った時の皆さんの表情です。(それぞれの写真をクリックすると拡大写真が表示されます。)
 それぞれ、3着ほどを試着して選んだものですが、それくらいの間に一人で上手に着られるようになりました。
 それに、ちょっと気付かないと思いますが、みなさんTシャツにジーンズとか、ブラウスにスカートなど、服を着たままでの試着です。手軽に着たり脱いだりできて、出来上がりも自然な和服姿になれます。(デモ動画の映像も、そうでしたね。)
            
ショッピングコーナー
リバティブランド品あわせ(袷)お試し特価ポップ着物お仕事着


プリンタ用画面
投票数:64 平均点:5.47
前
着付けは襦袢がかなめ
カテゴリートップ
3分あれば着物美人
次
便利な伊達締め兼用帯板