トップ  >  3分あれば着物美人  >  着付けは襦袢がかなめ
 着物姿の魅力は華やかな色・柄や豪華な帯の美しさなど数々ありますが、着付けが崩れていると、せっかくの魅力も台無しになってしまいます。
 その決め手となるのが襦袢の襟元がちゃんとしていることです。この襦袢の着付けが最も苦労するひとつで、コーリンベルト等の補助具でがっちりと固めようとするわけです。
 「やさしい着物」シリーズでは、そうした苦労をせずに、まるでブラウスを着るように簡単で、しかも、襟元はほとんど崩れないアイデアの「やさしい襦袢」を開発しています。
 ●両わきでボタンを一つずつ留めるだけで左右の襟の打ち合わせも、奥襟の立ち上がりもしっかり固定
 ●補助具、補助紐がまったく不要だから締め付け感がなく楽な着心地
 ●半襟の付け替えでオシャレなアレンジも簡単
 ●付け袖をとりかえれば一着の襦袢でいろいろな着物に合わせられる
 「やさしい襦袢」は、こんなにすぐれた特徴があります。
 初めて着物を着る人ばかりでなく、普段から着物姿のお仕事の観光旅館の仲居さんとか着付けのお仕事をしている方などからもご好評をいただいています。
 また、高齢になって着物を着るのが面倒になってしまった、というお姐様たちからも「襦袢屋さん」と呼ばれるくらいに評判をいただき、「久しぶりに着物を着てみる気になりました」といった声もいただいています。
☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆
 「やさしい襦袢」は、トップ&ボトムで着る仕組みになっています。
 このトップスの背面に開発のポイントがあります。左右のボタンの位置から山なりのカーブを作って縫い付けてあるのはゆるやかなゴムベルトです。このベルトが伸びて、奥襟をきれいに立ち上げる仕組みになっています。
 たったこれだけの工夫と思われるかもしれませんが、言ってみればコロンブスの卵のような発想で、これまでの着付けの苦労とはサヨナラできるのです。
両脇のボタンの留め方は3段階選べます
      

ボタンの位置によって襟の立ち上がり方が変わります

 
「付け袖」も充実
 もう一つ付け加えれば、よく、「うそつき」と呼ばれている付け袖です。「やさしい襦袢」も付け袖を取り替えることができて、1着の襦袢で、いろいろな着物に合わせることができます。

ショッピングコーナーやさしい襦袢 ⇒ こちら。



プリンタ用画面
投票数:49 平均点:3.27
前
まずは、デモ動画をどうぞ。
カテゴリートップ
3分あれば着物美人
次
二部式に見えない「やさしい着物」